安全に肌が白くなる化粧水

MENU

安全に肌が白くなる化粧水

肌が白くなる化粧水とは言いますが、カネボウの白斑事件のこともあり、安全性にも多大なる関心が集まっています。
美白ができる前に、肌がボロボロとなったら、泣くに泣けません。

 

社会問題となった、肌が白くなる化粧水を始めとするラインが問題になった原因は、ロドデノールという美白成分です。
日本を代表する化粧品メーカーであり、品質には細心の注意を払っていたはずでしょうが、それでも白斑問題が持ち上がったことは、一般にもショッキングな事件だったのです。

 

肌が白くなる化粧水ももちろん肌に直接つけるものであり、安全であることが最優先で求められます。
ところが現状、合成界面活性剤など肌にダメージがありそうな成分が多数入ったものが大半です。

安全性が高いのは従来型の美白成分

化粧水は本来、肌を潤すのが目的で利用されるアイテムです。
ところが、保湿剤として、プロピレングリコールやポリエチレングリコールが使われることが多く、人によってはアレルギーの原因となり得ます。

 

また、保存料や香料にも、アレルギーの原因となるものがあります。
肌が白くなる化粧水に安全性を求めるなら、多少値段が高くなろうとも、無香料・無添加をうたったものを選ぶのが賢明です。

 

こうした成分の安全性を管理する大本は、厚生労働省のはずですが、厚労省認可だから大丈夫と断言できないのも歯がゆいところです。
あのロドデノールにしても、厚労省認可済みの美白成分だったのです。

 

一応の目安として、コレコレの新成分を高配合といった肌が白くなる化粧水は、多少のリスクを覚悟した方が良いかもしれません。
ビタミンC誘導体など従来型の美白成分は、安全性が確立されているといってもよいので、安全度が高い傾向は認められます。

お肌を保湿していたわりながら
 保湿・美白を目指せるおすすめ
  化粧水ランキングはこちらから