化粧水で本当に肌は白くなるのか

MENU

美白化粧水の働きとはいったい何でしょうか

白くて美しいお肌は、女性の憧れです。
テレビのコマーシャルで見るような女優さんのようになりたいと願う女性は多くいます。
そのため、多くの女性が手に取るのが美白化粧水です。
では、美白化粧水の効果は一体何でしょうか。
もちろん、くすんだ肌を白くする効果があります。
でも、色自体を変えて白くするのではありません。

 

肌がくすんで見えるのは…

私たちの肌は、紫外線などの外的ストレスと、精神的なストレスなど、いろんな原因によって、活性酸素と呼ばれるものが発生します
これは、老化させていく物質です。
活性酸素によって、肌の代謝が悪くなり細胞が栄養不足になったり、水分不足で乾燥し、くすんで見えたりします。
そのため、実際の健康な時よりも色が暗く見えるのです。

 

そして、もうひとつはメラニンです。
メラニンはしみの原因となるものです。
メラニンの過剰発生はシミを作ったり、顔を黒く見せます。

 

くすみの原因に対処し、もともとの白色を引き出す

美白化粧水は、これらの活性酸素やメラニンを予防したり、除去していくことによって、本来の健康で美しい細胞にしていく効果があり、それが結果的に肌を明るく見せ、白くなるように感じるのです。
ですから、色自体が白くなるのではないのです。
ただ、細胞が健康になると、本当に顔全体が明るくなり、ハリや透明感がアップします。

お肌を保湿していたわりながら
 保湿・美白を目指せるおすすめ
  化粧水ランキングはこちらから