なぜ化粧水で肌の色が白くなるのか

MENU

なぜ化粧水で肌の色が白くなるのか

肌は、メラニン色素が沈着することで色濃くなっていきます。
白くするには、ハイドロキノンなどの刺激の強い美白成分で肌を漂白する必要があります。
しかし、低刺激の化粧水でも美白効果を出すことができます。
とはいえ、化粧水には基本的にはハイドロキノンのような漂白作用はありません。
ではなぜ美白効果が出るのかというと、化粧水にはターンオーバーを促す栄養分が配合されているからです。
人間の体は常に細胞分裂を続けており、肌細胞もまた常に新しいものが作られて、古いものが除去されていきます。
これがターンオーバーと呼ばれているものです。
ターンオーバーがおこなわれると、メラニン色素が沈着した角質が除去されて、新しい角質が表面にあらわれます。
つまりターンオーバーにより、肌は自然に白くなるというわけです。

健康的なターンオーバーが大切

そしてそのターンオーバーを促すエネルギーを与えることができるのが化粧水なのです。
白くなるというよりも、色濃い部分がなくなって結果的に白い部分が残るといった具合です。
加えて化粧水には、保湿力や抗酸化力を高める効果もあります。
それらにより肌はメラニン色素が沈着しにくいものとなります。
日常的に使用することで変色を防ぎ、白さを維持できるようになるのです。

お肌を保湿していたわりながら
 保湿・美白を目指せるおすすめ
  化粧水ランキングはこちらから