化粧水で肌が白くなるはウソ?

MENU

化粧水によって、色を白く変色させるというのは不可能

肌が白くなる方法というのが、インターネットやテレビや本など色々なところで紹介されています。
その中でも化粧水によって白くする方法というのは、一般的にあふれています。
しかし多くの人が勘違いをしてしまっていますが化粧水によって、色を白く変色させるというのは不可能です。
だからといって、塗ることが全く無意味になるということには決してなりません。

 

そもそも一般的な化粧水の目的は保湿や肌の保護

もともと、美白目的で医薬部外品をとっていない一般的な化粧水には、美白効果はありません。
普通の化粧水というのは大体の人が保湿をすることや、後に塗る美容液などの浸透を助ける目的で塗っています。
そしてそれは、肌の保護にもつながります。
その保護ができるというのは非常に重要な意味を持ちます。

 

保護ができていれば日焼けなどによって、色が黒くなってしまうのを防ぐことがでます。
色が黒くならないので、それが結果的には肌が白くなるということにつながります。
それなので化粧水を塗ることは、それだけで肌の色を劇的に白く変化させるものではなく、黒くしないことによって白さを保つ方法です。
化粧水によって肌を保護することも白さを保つためには重要ですが、だからといって強い日差しを受けてしまうと、保護しきれなくなるので、強い日差しを受けることをなるべく避けることも、黒くしないためには非常に重要なことです。

お肌を保湿していたわりながら
 保湿・美白を目指せるおすすめ
  化粧水ランキングはこちらから