化粧水に使用される肌が白くなる成分

MENU

化粧水に使用されている、厚生労働省が認めた美白有効成分は10種類以上

肌が白くなる成分が含まれている化粧水に使用されている、厚生労働省が認めた美白有効成分は10種類以上あります。
比較的安価で手に取りやすいドラッグストアに置いてある化粧水にも、肌が白くなる効果をうたっているものが数多くあります。

 

2002年に認可され、アミノ酸の一種でメラニンの生成を抑制し、炎症に関連する酵素のプラスミンを抑制する作用があり、シミ部分の炎症を抑えることで肌が白くなる効果が期待できる「トラネキサム酸」。
美白効果があるが、不安定なハイドロキノンに糖を結合し安定化させた成分で、1989年には配合された製品が発売され、メラニンの合成に不可欠な酵素のチロシナーゼを阻害する働きがある「アルブチン」。
キク科のカミツレから抽出される成分で、1999年に認可され、メラノサイトに過剰にメラニンを作れと命じる情報伝達物質の働きを阻害してメラニン生成を抑える「カモミラET」。
ビタミンCの安定性や皮膚への吸収性を改善し、化粧品に配合しやすくした成分で、1980年代から製品に使用され、メラニンの生成を抑制し、淡色化する作用のある「ビタミンC誘導体」などがあります。

 

自分に合った肌が白くなる成分が含まれた化粧水を、見つけてみましょう。

お肌を保湿していたわりながら
 保湿・美白を目指せるおすすめ
  化粧水ランキングはこちらから