肌に優しい日焼け止め

MENU

肌に優しい日焼け止めはやっぱりノンケミカル?

外出の際、日傘や帽子などでばっちりガードしたつもりでも、それだけで紫外線によるシミを防ぐのは容易ではありません。
あらゆるところに潜んでいる紫外線から肌を守るために、できるだけ日焼け予防効果が高く、肌に優しい日焼け止めを選びたいものです。

 

日焼け止めには、一般に紫外線を吸収する紫外線吸収剤、または紫外線を反射・散乱する紫外線散乱剤の2大紫外線を防止する成分が入っています。
メトキシケイヒ酸オクチル、オキシベンゾンなどの成分が入った紫外線吸収剤は、刺激が強いため、肌荒れやかぶれを起こすことがあります。
敏感肌の人向けには、紫外線吸収剤が入っていない、つまりノンケミカルな製品が販売されているので、こちらの方は、肌に優しい日焼け止めだと言えます。

肌に優しい日焼け止めとはいえ、使い方もポイント

一方、酸化亜鉛、酸化チタン、タルクなどの成分が入った紫外線散乱剤は、刺激が少ないので、肌に優しい日焼け止めだと言えますが、肌が白っぽくなる、乾燥しやすいなどの傾向があります。
何にしても、お試しなどを使って、自分の肌に合って使いやすいものを選ぶと良いでしょう。

 

日焼け止めを選ぶ際に問題となるのが、SPFの値がどうこうというものです。
SPFは、紫外線B波(UVB)に対する防御効果を表したもので、数値が高いほど紫外線を防ぐ効果が長持ちする反面、油分が多いため肌に負担をかけやすい傾向があります。
そこで、肌に優しい日焼け止めとして、日常生活ならSPF20程度がオススメです。

 

ただ、肌に優しい日焼け止めにしても、たっぷり塗らないことには、効果が発揮できません。顔なら、クリームタイプの場合、パール粒2個分くらいが目安です。2、3時間おきに塗り直せばさらに効果的です。

お肌を保湿していたわりながら
 保湿・美白を目指せるおすすめ
  化粧水ランキングはこちらから